秋田県の共同研究のご提案

磁場で制御するアークを利用した金属表面熱処理技術

公開日 2020-04-24
大分類 ナノ・材料・ものづくり 中分類 環境・資源・エネルギー・機械・エレクトロ二クス・リサイクル 小分類 -
研究者

教授 
杉本 尚哉

所属

秋田県立大学 システム科学技術学部 機械工学科

エネルギー密度が非常に高いアークを、時間的に変動する磁場により高速振動させ、金属表面の加熱・高温処理に適用する。変動磁場を発生させるコイルに供給する電流パターンにより、必要に応じた箇所への加熱が可能である。 

従来技術・競合技術との比較

アークを熱源として見た場合、加熱領域が狭いことが課題である。本技術はアークを電磁作用で高速振動させ広域加熱に適用させるため機械装置的には非常に簡素で済み、ガスバーナーや高周波電力加熱法に比べ、装置の自動化にも有利である。

新技術の特徴

・外部変動磁場によるアークの高速振動
・外部変動磁場コイルに供給する電流波形による加熱パターン制御
・外部変動磁場の空間配位変化によるアークの振動形状制御

想定される用途

・金属表面の広幅な領域への熱処理(焼入れなど)
・金属表面の部分的熱処理(焼入れなど)
・その他高温・高活性場を生かした有害物の分解処理等

 

 

問い合わせ先

秋田産学官ネットワーク
E-mail:collabo-akita@mail2.pref.akita.jp