保有設備

バイポーラ電源

2014-08-27

保有機関 秋田大学
設置場所 秋田大学地方創生センター1号館

概要・用途

管理担当者

秋田大学大学院 理工学研究科 数理・電気電子情報学専攻 カビール・ムハムドゥル

設備構成
名称 数量 型番
バイポーラ電源 1 BP4620
(エヌエフ回路設計ブロック株式会社)
測定原理・その他の詳細

高電圧: プラスマイナス60V(シフト可),大電流:プラスマイナス20A (60Ap-p),ハイスピード: DC~150kHz (CV,調整特性),定電圧: (CV)/定電流 (CC) 動作を選択可能.プラスもマイナスもソース (供給) もシンク (吸収) も可能なバイポーラ出力に加え,出力パターンを自在にプログラムできるシーケンス機能(255ステップのシーケンシャル信号源内蔵),レスポンスキャリブレーション機能,電圧電流リミッタ,計測表示機能を搭載.

使用料

100円/時

設置場所

秋田大学地方創生センター1号館 201研究室

使用例

研究における電源(プラス電圧の出力からマイナス電圧までリニアに可変できる電源).余剰汚泥の減量化実験において,電磁石駆動のための電源に使用.

総合問い合わせ窓口

秋田大学 地方創生センター
〒010-8502秋田市手形学園町1-1
Tel : 018-889-2680
E-mail:chihosose1@gipc.akita-u.ac.jp

バイポーラ電源
バイポーラ電源
 
 

ダウンロード